[業種分析(Enterprise版)]の基本的な機能を知ろう

ここでは、基本的な機能の操作手順についてご説明いたします。

・Enterprise版・Professional版どちらかわからない方はこちら

1. [ジャンル規模]

[ジャンル規模]では、ジャンルの市場規模を確認することができます。
年間の売上目標策定、競合メーカーの流通額分析などにお役立て下さい。
以下、[ジャンル規模]の操作手順について学んでいきましょう。

操作手順

①  [ジャンル規模]をクリックします。

②「セグメント」を選択することで、メーカー別、年齢別、ジャンル別の売上が表示されます。
 ※楽天に関しては、年齢、性別も分析可能です。

③画面左にある「表示条件」に、複数の条件を直接入力し、分析することも可能です。

 

2. [ジャンル情勢]

[ジャンル情勢]では、ジャンルの市場トレンドを確認することができます。
季節需要のトレンド、時期による販売動向の確認にお役立てください。
以下、[ジャンル情勢]の操作手順について学んでいきましょう。

操作手順

①  [ジャンル情勢]をクリックすると、選択した期間での売上動向が、波線グラフで表示されます。

 

 

3. [人気製品]/[人気商品]

[人気製品]/[人気商品]では、商品別の売上、シェアを把握することができます。
2つの違いについては、以下となります。

 


楽天・YahooはJANコード、AmazonはASINコードで、製品毎にまとめたデータとなります。
※楽天、YahooではJANコードの入力が任意のため、全ての商品が検出されない場合があります。
※AmazonではASINコードが全て入力されるため、製品毎にまとめて表示されます。


ショップ別に商品をまとめたデータ
となります。
よって、同一商品がある場合でも、取扱ショップ毎に分けて売上を表示しています。

 

以下、操作手順について学んでいきましょう。

操作手順

① [人気製品]/[人気商品]をクリックします。

②期間やメーカー、価格等の表示条件を入力します。(任意)

③「詳細表示条件」で表示させたい内容を指定し、検索をクリックします。

④指定されたジャンルや条件内で、どの商品が、どの価格で、どれだけ販売量があるのかを可視化できます。

⑤ページをスクロールすると、[人気製品(TOP150)]/[人気商品(TOP150)]が表示されます。商品毎の売上指数、月の平均売価、選択したセグメント条件内でのシェアを確認する事ができます。

 

 

4. [人気ショップ]

[人気ショップ]では、ショップ別の売上、シェアを把握することができます。
価格別、メーカー別に条件も絞り込めるため、ショップ別の競合分析にお役立てください。
以下、[人気ショップ]の操作手順について学んでいきましょう。

操作手順

①[人気ショップ]をクリックすると、売上上位100ショップが表示され、ショップ別の売上指数、選択したセグメント内でのシェアが表示されます。

 

 

次のステップへ(※準備中)

競合他社が分析できる、[ショップ分析]について学んでいきましょう。

 

その他

[業種分析]のよくある質問はこちら